審査基準は違う?

学生ローンでは、申込みの際に通常のカードローンでは必要のない学生証の提示が求められるといった違いがあります。また、年齢条件も一般の消費者のカードローンが60歳や65歳などが上限年齢となっているのに対して、学生ローンでは上限年齢がもっと下の年齢層に設定されている事があるといった違いが見られる場合もあります。

しかし、その他の審査基準としては他のカードローンと比較して大きな違いはありません。学生ローンだからといって、審査基準が低く設定されているという事はありません。審査されるポイントは年齢や他社からの借入件数や借入額、これまでにキャッシングやクレジットカードの分割で延滞などをした事があるのかどうか?そして安定した収入があるのか?という事になります。

借り入れ件数や借入額、これまでの延滞の有無などは厳しくチェックされますし、総量規制により安定した収入の有無は必須です。ただし、学生ローンは借入限度額がそもそも低いため正社員の様な高い年収がなくてもアルバイト収入で十分に審査に通る事が出来ます。

また、業者によっては学生ローンの場合、カードローンよりも利用目的を詳細に聞かれる事があります。通常のカードローンでは、事業資金や投資目的以外なら利用目的は自由ですが、学生ローンではギャンブルなどの目的だと審査に落ちてしまう可能性が高くなります。学生ローンも通常のカードローンもほとんど審査項目も基準の高低も同じですが、微妙に異なる部分がある事を覚えておくと良いでしょう。

学生ローンにするメリット

学生ローンではなくても、20歳以上でアルバイトなどによる安定した収入があれば、消費者金融のフリーローンを利用出来ることがあります。フリーローンではなく、学生ローンを利用するメリットは何があるのでしょうか。

学生ローンは、学生専用のローンと言うだけあって上限金利が一般の消費者金融のフリーローンよりも低めに設定されています。そのため収入の少ない学生にとっては、利息の負担が少なくて済むというメリットがあります。また、学生ローンは最高融資限度額が50万円程度、社会人で80万円程度と低く設定されているという特徴があります。こうした低めの設定により、借り過ぎを防止する事が可能となるため、見方によってはこれもメリットと言えるのです。

そして、学生ローンでは大抵の場合、業者から在籍確認の電話が掛かってくる事はありません。学校やバイト先の在籍確認も全て書類で行われるのが普通です。消費者金融でお金を借りる際、職場への在籍確認の電話がネックとなるものですが、学生ローンではこうした在籍確認の電話がないため気軽に借入をする事が可能になります。

学生ローンは金利も低く、申込みの際に親や学校、バイト先に連絡がいく事がないため誰にも知られる事なく融資を受けられるというのが学生ローンの大きなメリットとなるのです。

学生でなくても借りられる

学生ローンという名前から、学生ローンは学生のみが対象である様に思えます。確かに学生ローンの主な融資対象者は学生である事に間違いはありません。ただし、ほとんどの学生ローンを提供している業者は、学生のみならず社会人にも融資を行っている事が多くなっています。

しかし、業者によっては社会人への新規申込みは受け付けていない場合があります。つまり、学生時代に学生ローンへ申込みを行い利用をしていた場合は、社会人になっても引き続き学生ローンを利用する事が出来ますが、社会人になってから初めて学生ローンへ申し込む事は出来ないという事です。

また、学生ローンでは上限年齢を設けている業者も少なくありません。通常の消費者金融では、上限年齢が60歳までとなっていますが、学生ローンでは上限年齢を35歳前後としているケースが珍しくないのです。社会人であっても学生ローンを利用する事が出来る場合がありますが、その場合もこのように若年層にのみ融資が制限されていたりするので注意しましょう。

学生ローンの融資対象者は、サービスを提供している業者によって異なっているため、もし学生以外で学生ローンを利用したいと考えているのなら、事前に業者の融資対象者や条件をしっかりと確認しておきましょう。

学生ローンの仕組み

学費など教育資金の為のローンには、教育ローンや学生ローンがあります。教育ローンとは、学生ではなくその保護者が融資の対象となる金融サービスのことです。しかし、学生ローンというのは教育ローンと違って学生自身が融資の対象となる金融サービスの事になります。そのため、学生ローンを申し込むとその審査は学生に対して行われ、もちろん返済も学生自身が行わなくてはいけません。学生ローンの契約は、業者と学生の間で交わされ親の個人情報などは一切関係ないのです。

現在の学生ローンは、ネットや電話で契約出来る業者が増え、全国どこにいても融資を受けられる様になりました。学生ローンであっても在学中に完済をする必要がないのが普通です。基本的に学費のためのローンとなりますが、一時的な生活費や習い事、買い物の為など使い途は本人次第となります。ただし、学生なら誰でも借入が出来るという訳ではありません。学生ローンの学生とは、主に短大・大学生や大学院生などを指していて高校生以下の学生はこれに当てはまりません。また、業者によっては下限年齢が設定されている事があり20歳未満の学生は、学生ローンに申し込めない事が多くなっています。

消費者金融の提供している学生ローンは、総量規制法の対象となるため収入のない学生は融資を受ける事が出来ません。総量規制法とは、年収の1/3以上の借入が出来ないという法律になるため、学生であっても本人に収入がある必要があります。この場合の収入とは、仕送りなどは含まれず、本人が働いて得ている収入が必要となります。このように、学生なら誰でも学生ローンが利用出来るという訳ではないのです。